« 「裁判を受ける権利」の今(新聞記事のご紹介)(弁護士松森 彬) | トップページ | ポピュリズムと排外主義の台頭(お正月の新聞から) »

2016年12月26日 (月)

日弁連の「司法シンポジウム」 ーいま、司法が果たすべき役割

東京の弁護士会館で、2016年11月5日に「いま、司法が果たすべき役割とはー法の支配の確立をめざしてー」というシンポジウムがありました。これは、日弁連が2年に一度開催している司法シンポジウムで、今年は第27回になります。ちなみに第1回は1973年(昭和48年)で、遅延していた裁判がテーマだったようです。私が弁護士になって2年目の年です。

私もかつて司法シンポジウムの実行委員をしましたが、今年は聞く側で参加しました。これまでは、裁判制度や裁判官制度、弁護士制度、司法改革などのテーマでしたが、今年は「司法の役割」というテーマで、裁判所が憲法の番人たりうるかが議論されました。これは、最近、憲法や立憲主義について国内に大きな議論があり、学者らの意見表明もあり、あるいは夫婦制度についての最高裁の判決があるなど、人権や憲法に関する関心が高まっているためです。私は、当日の議論を聞きまして、日弁連がこれから取り組むべきテーマと方向を示したものとして大変意義のある会議であったと思いました。

第1部では、裁判が権利の実現にどのように役立っているかが報告されました。最高裁判決を中心に36件の判決と、過労死の裁判やハンセン病の裁判、性的少数者の裁判などが取り上げられました。

第2部では、最高裁で違憲だという判決が出たのは2000年までは50年間にたった5件しかなかったのですが、2000年以降は15年間で5件あることについて議論がされました。

アメリカの最高裁では2009年までの63年間に連邦法について違憲判決が102件あり、州法については495件もの違憲判決が出ているようです。金沢孝准教授は、「アメリカでも50年かかって今の姿を作ってきた。それにより最高裁は『自由の守護者』としての信頼を国民から得てきた。日本でも参考になるはずだ。」、「日本では表現の自由について国民の間に認識が弱い。裁判所は憲法文化を刺激して発展させてほしい」という話しをされました。

第3部では、青井未帆教授、伊藤真弁護士、井戸謙一元裁判官、見平典准教授によるパネルディスカッションが行われました。司法の役割や、裁判所が憲法の番人の役割を果たすためにどうするか等について議論がされました。

また、司法の役割について研究者、報道関係者、訴訟当事者などの声も紹介され、そこには作家の黒木亮さんや山田洋次監督の意見もありました。これらは基調報告書に収録されています。

今回の司法シンポジウムは、立憲主義が危うくなっている今の状況を踏まえて大事な議論がされたと思いました。日弁連は、他にも人権シンポジウムや業務改革シンポジウムなどを行っていますが、シンポジウムで確認できたテーマをその後のふだんの弁護士会の委員会活動で必ずしも活かせていないという問題があります。今回の準備には中堅、若手の会員がたくさん参加されておられるようで、継続的に取り組んでいただけるのではないかと思いました。(弁護士 松森 彬)

|

« 「裁判を受ける権利」の今(新聞記事のご紹介)(弁護士松森 彬) | トップページ | ポピュリズムと排外主義の台頭(お正月の新聞から) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事