« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月21日 (土)

「裁判員をしてよかった」が98%

最高裁は、11月17日、裁判員を経験した人に対するアンケート結果を公表しました。最高裁のホームページにも掲載されています。

回答した裁判員経験者は、今年8月と9月に判決が言い渡された14件の裁判で判決に関与した84人のうちの79人です。裁判員をしてよかったという感想が圧倒的に多いのが印象的です。裁判員に選ばれる前は、「積極的にやってみたい」「やってみたい」と考えていた人は24%しかなく、「やりたくなかった」「あまりやりたくなかった」が57%でした。ところが、終了後は、「非常によい経験と感じた」が65%、「よい経験と感じた」が33%で、計98%が肯定的でした。

私は2000年と2001年にアメリカの陪審の調査に行きましたが、アメリカでも、陪審員をする前は、いやだと思っている人が多いのですが、経験した後は、やってよかったという意見が多いということでした。

日本でも、起訴の是非を検討する検察審査会の委員を経験した人の調査で、経験してよかったという人が多かったので、裁判員制度も、きっとそういう感想を持つ人が多いだろうと思っていましたが、98%という数字は、驚きです。もっとも、11月に堺支部で行われた裁判員裁判では、5人の裁判員が、もうしたくないと言ったということですから、細かい分析が必要です。また、無罪を争う事件などは、ここには含まれていませんので、本当の試金石はこれからです。

ただ、全体としては、弁護士会が実現に向けて努力した国民の司法参加の制度は、順調な船出をしたと言ってよいように思います。法廷での審理は「わかりやすかった」という答えが、75%を占めました。国民の司法への参加に当初は消極的だった裁判所も、導入が決まってからは、わかりやすい審理にする努力をしてきました。アンケート結果は、まずは法曹三者の努力の結果を認めたものだと思います。

トクヴィルという思想家は、陪審について「民主主義の学校」と言いました。裁判員制度ができて、裁判について話す機会が増えたように思います。裁判員をしてみたいという声も聞きます。国民の司法への参加制度は、司法を変えるだけでなく、政治を変える可能性もあるように思います。

|

2009年11月 2日 (月)

ベトナムの弁護士と交流

10月末にベトナムの弁護士会連合会の会長はじめ役員17人が大阪に来られ、会議と食事をしました。ベトナムは、司法制度の整備を進めておられ、今回は法律家の養成制度と研修制度の視察で来られました。

日本とベトナムは経済や観光面で関係が深まっていますが、法制度の支援も行われていて、大阪の弁護士がJICAの仕事として2年間ベトナムに行っておられました。弁護士は弁護士会への入会が強制されるなど、日本と似た弁護士制度になっています。そういう関係からだと思いますが、欧米ではなく、日本に来られ、しかも、東京ではなく、大阪に来たとお聞きして、うれしく思いました。

弁護士会の国際委員会が全体の準備をされ、私は、日本の弁護士研修を説明しました。講師の確保の方法や、研修義務の履行状況の把握の方法など、細かい点の質問もあり、制度整備にかける熱意を感じました。

私は、たまたま今年2月に弁護士仲間に誘われてベトナムに旅行をしてきました。フランスの植民地時代の建物があり、ベトナム戦争の跡も残っていました。私が大学生のときは、アメリカ軍の北爆が続いていて、べ平連の学生運動が盛んでした。今、ベトナムは、長い抑圧された時代が終わり、街は若い人のバイクであふれ、急成長をしているという感じがしました。司法の改革への姿勢にも、そのような勢いを感じます。

大阪では、韓国の弁護士会と毎年交流会をしていますが、今回はベトナムの弁護士会が来られ、アジアとの交流が広がっていることを実感します。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30