« 裁判員裁判が始まりました | トップページ | 弁護士の研修、会計士の研修                  »

2009年5月30日 (土)

日弁連総会で司法改革宣言

昨日(29日)、日本弁護士連合会の定期総会が東京であり、出席しました。決算と予算が主な議題ですが、今年は、2つの宣言を採択しました。

一つは、「日弁連創立60周年を迎えての司法改革宣言」です。裁判員制度、被疑者国選弁護、日本司法支援センター(法テラス)などいろいろな改革が行われていますが、弁護士の急増で就職難の問題が生じているなど、課題も生じていることから、今後も、ゆがみを是正しつつ、改革を推進していくという内容です。

私は、この宣言の作成に関わりましたので、総会で、「司法が利用できず、法的救済が受けられない人々が多数取り残されている。経済的弱者に対して裁判費用を出す民事法律扶助は、日本は単なる貸し付けである。そのため裁判を思いとどまる人もある。欧米のように、返さなくてよい制度にすべきだ。他にも、裁判官・検察官の増員の必要、民事裁判制度の改革など、積み残しになっている課題は多い。今後も改革が必要だ。」という意見を述べてきました。

もう一つの宣言は、「人間らしい労働と生活を保障するセーフティネットの構築を目指す宣言」です。そのための政策の提案、立法の提言、法律相談の整備などを進めることを決意しています。

総会終了後、弁護士50年、60年の方の表彰がありました。代表で話しをされた方は、人生の達人らしい心暖まるお話しをされました。

|

« 裁判員裁判が始まりました | トップページ | 弁護士の研修、会計士の研修                  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事